期間従業員の求人に応募した後は

期間従業員は短い間に高い収入を得られることや、企業によっては正社員への登用制度をもうけていることから、多くの人の人気を集めています。期間従業員になるためには、ハローワークや情報誌、ネット上の求人サイトなどから応募するのが一般的ですが、求人に応募した後はどのような流れとなるのでしょうか。



企業の求人に応募した後は、企業側の担当者から電話連絡があり、面接日と場所の打ち合わせをします。

livedoorニュースに関する情報に追加しています。

日時が決まれば指定された場所へ赴き、担当者による簡単な面接を受けます。

持参するのは履歴書、運転免許証など本人を確認できるもの、印鑑などです。


面接といえば服装はスーツが基本というイメージがありますが、期間従業員の面接の際にはカジュアルな服装でも基本的には問題ないとされています。

人気の期間工求人情報選びをサポートします。

面接が終わるとしばらくしてから合否が通知され、合格していれば現場で実際に働き始める日が連絡されます。

企業によっては面接当日に合否が確定し、その場で詳細についての説明が行われることもあります。居住地から遠く離れた工場で働くことになる人も多いので、そのような人は早いうちに引越しの段取りを進めておくことが必要です。
ただ期間従業員の仕事は全国から人が集まってくるのが前提となっていますので、企業側も寮を完備しているところがほとんどです。

ですから引っ越しといっても当面の衣服など最低限の準備をしておくだけで十分でしょう。


また企業によっては入社祝い金や交通費を支給してくれるところもありますので、引っ越しにともなうお金の心配をしなくても大丈夫です。