製造業に必要な期間工の求人について

日本の製造業では様々な工夫により労働力の最適化を実現しています。

その手法の一つとして採用されているのが期間工の求人です。

期間工というのはその名前が示している様に、一定期間に限定して仕事に従事してくれる従業員のことを意味します。

この様な従業員は非正規雇用の従業員の中でも雇用期間を予め定めて雇用するのが特徴であり、一定期間経過後には自動的に雇用解除となるのが基本です。

期間工の求人の情報が必要なタイミングで手に入ります。

そのため雇用状況としては非常に不安定な存在となるのですが、その分様々な点でメリットがある場合が少なくありません。

例えば給与待遇に関しては一般的な非正規雇用の従業員よりも割高であるという特徴がありますし、工場によっては長期宿泊が可能な量の様な施設を完備しているケースがあります。地方からの出稼ぎ労働者等にも配慮した仕組みで期間工を求人しているため、一定の期間だけ働く目的の労働者にとっては非常に魅力的な求人であるという特徴があるのです。この様な期間工は突然の需要の増減が起こりえる製造業では必要な仕組みです。全員が正規雇用では需要の増減に対応することが難しくなるため、平常時から常に労働力の内、一定の割合を雇用期間の定めのある非正規の労働者にしておくことを選んでいるのです。



この対応により競争力の高い状態を維持することを可能にしています。

増産時には期間工の雇用を多くし、減産時には期間従業員の新規雇用を抑制することで労働力を調整することが出来ます。

OKWaveに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。